新薬とジェネリック | 辛い片頭痛にはマクサルト・ジェネリックが便利です!

新薬とジェネリック

ピンクのカプセル

マクサルト・ジェネリックとして販売されている医薬品「リザクト」。
このリザクトは言うまでもなくマクサルトのジェネリック医薬品です。
しかし、この「ジェネリック医薬品」という点が気になってしまい、どうしても手をつけにくいと考えている方もいると思います。
ただ、それはジェネリック医薬品に対する偏見や誤った知識によるものです。
そのため、まずはしっかりとジェネリック医薬品に対する知識をつけましょう。

日本はジェネリック医薬品を使用しない方が非常に多いと言われています。
その大きな理由は、安全性が確かでないという疑念であったり、価格が安すぎて不安だというものです。

まずはジェネリック医薬品はどのようにして開発されているのか、という点について詳しく見ていきましょう。
医薬品というものは、ありとあらゆる検査や研究、改良があり、それらを全て乗り越えたものだけが製造・販売されています。
そこでできたものが「新薬」として登場するのです。
この新薬の開発には非常に長期間と莫大な費用が必要になります。

これに対してジェネリック医薬品は、新薬で既に実証されている有効成分を利用します。
基本的にジェネリック医薬品は、対象となる新薬の有効成分の量などを変更することはできません。
つまり新薬と同等の効果が期待できるのです。
そのため、最終的な検査や改良はあったとしても、新しい有効成分を見つけるわけでもないので期間も費用も必要になりません。
つまり、新薬は長期間と莫大な費用を要するために、高額で販売しなければ利益にならないのですが、必要な費用も少なく短期間で開発できるジェネリック医薬品は安い価格で販売することができるのです。

このように、新薬とジェネリック医薬品で異なる部分はあるものの、一番大切な「効果」という部分に関しては新薬と同等のものが期待できます。
もちろんマクサルト・ジェネリックに関しても同じことが言えます。